編集プロダクション パンフレット

About

*

印税だけでは会社や事務所の本業は加速しない

ここで目指すのは、あくまでも商業出版です。 商業出版なので、当然、著作に対する印税などの収入を受け取って本を出版するのですが、それでも決して儲かるわけではありません。   ...

続きを見る

会社や事務所の本業を加速させるために、本が出版される前に確認するべき注意点

いくら自分のビジネスに関連した本が完成したからといって、そのまま出版のメリットを享受できるわけではありません。   必ず、印刷所に入稿する前に奥付と言われる本の最後のページを確認...

続きを見る

出版を会社や事務所の本業を加速させる仕組みを作る

本が発売されたら、出版のメリットを享受することになるのですが、そのメリットを次のスパイラルで転がして、雪だるま式にメリットを大きくしていきます。   ┌┐ │↓セールス ...

続きを見る



Ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 印税だけでは会社や事務所の本業は加速しない
    • ここで目指すのは、あくまでも商業出版です。 商業出版なので、当然、著作に対する印税などの収入を受け取って本を出版するのですが、それでも決して儲かるわけではありません。   印税は、定価×部数×印税率で計算されます。 通常、ビジネス書であれば、1500円×6000部×6%が一般的なので、54万円です。 執筆期間などを考えると、丸々2ヶ月ぐらいは拘束されます。   ...
    • 会社や事務所で本業を加速させる出版企画の考え方
    • 目的は自分のビジネスに関連した本を出版して、出版のメリットを享受するコトにあります。 なので、第一優先事項は“出版する”ことです。 目先の収支は赤字になるかもしれませんが、著書の買い取りや販売部数保証などを提案し、できるだけ出版社のリスクを軽減してあげてください。 元々、印税が入ってくるのですから、最低でもその分ぐらいは販促に使うようにしてください。 そして、そこで出版社の...
    • 会社や事務所の本業を加速させるために、本が出版される前に確認するべき注意点
    • いくら自分のビジネスに関連した本が完成したからといって、そのまま出版のメリットを享受できるわけではありません。   必ず、印刷所に入稿する前に奥付と言われる本の最後のページを確認してください。   そこには著者プロフィールがありますので、そこにメールアドレスとホームページやブログのアドレスが掲載されているかは必ずチェックして、無ければ載せてください。 せっかく、本を読...
    • 出版を会社や事務所の本業を加速させる仕組みを作る
    • 本が発売されたら、出版のメリットを享受することになるのですが、そのメリットを次のスパイラルで転がして、雪だるま式にメリットを大きくしていきます。   ┌┐ │↓セールス │ │出版 │ │↓プロモーション │ │取材 │ │↓ブランディング │ │実業 │ └┘   それぞれを具体的に説明していき...
    • 経営者・起業家・コンサルタント・社長が出版して本業を加速させるには
    • 経営者・起業家が自分のビジネスに関連した本を出版すると、いろいろな効果があります。 顧問料、講演料などのギャランティが倍増 その分野での第一人者となる 営業しなくても勝手に顧客が集まってくる 会社信用度がアップする 商談を優位に進めることができる 雑誌やラジオ、テレビなどに取材される 「先生」と呼ばれるようになる 同業他者に圧倒的な差をつけられる ファンがで...
PAGE TOP ↑