経営者・起業家・社長のための本業に役立つ出版の方法

集客・ブランディングに役立つ出版をするには?という方のために出版マーケティングの方法を説明します。

受注につながる出版戦略

会社や事務所で本業を加速させる出版企画の考え方

投稿日:2014年9月17日 更新日:

目的は自分のビジネスに関連した本を出版して、出版のメリットを享受するコトにあります。

なので、第一優先事項は“出版する”ことです。

目先の収支は赤字になるかもしれませんが、著書の買い取りや販売部数保証などを提案し、できるだけ出版社のリスクを軽減してあげてください。

元々、印税が入ってくるのですから、最低でもその分ぐらいは販促に使うようにしてください。

そして、そこで出版社のリスクを軽減することで、企画内容の自由度を上げるように交渉してみましょう。

 

せっかく、自分のビジネスに関連した本を出版するのですから、最大限の出版のメリットを享受できなければもったいないです。

 

もちろん、そうはいっても、完全に自由になるわけではありませんし、しっかりと企画書をチェックされた上で検討してもらうことになりますので、決して企画書は手を抜かないでください。

本のテーマについては、自分のビジネスに関連していることは当たり前ですが、その中でもできるだけ自分にしか分からないコトを選択してください。

今は市場が無かったとしても、これから伸びる可能性のある市場でしたら、果敢に挑んでみてください。

すでにある既存の市場の場合でも、独自の切り口や目新しいフックがあれば、問題ありません。

著者プロフィール欄では、そのテーマに関する自慢や実績を簡潔に書いておくとよいでしょう。

見栄を張らずに、事実をより凄そうに、より面白く、よりリアルに書くことがポイントです。

 

最終的に企画書の内容を見直す場合、次のことを意識してチェックしてください。

  • 読者だけではなく社会に役立つ内容になっているか
  • 読者から依頼や申し込みがくる内容になっているか
  • 話題性があり取材対象になれる内容になっているか

この3つをクリアできていれば、ビジネスに生かせる本になるはずです。

Ad

Ad

-受注につながる出版戦略

執筆者:

関連記事

印税だけでは会社や事務所の本業は加速しない

ここで目指すのは、あくまでも商業出版です。 商業出版なので、当然、著作に対する印税などの収入を受け取って本を出版するのですが、それでも決して儲かるわけではありません。   印税は、定価×部数 …

出版を会社や事務所の本業を加速させる仕組みを作る

本が発売されたら、出版のメリットを享受することになるのですが、そのメリットを次のスパイラルで転がして、雪だるま式にメリットを大きくしていきます。   ┌┐ │↓セールス │ │出版 │ │↓ …

会社や事務所の本業を加速させるために、本が出版される前に確認するべき注意点

いくら自分のビジネスに関連した本が完成したからといって、そのまま出版のメリットを享受できるわけではありません。   必ず、印刷所に入稿する前に奥付と言われる本の最後のページを確認してください …

経営者・起業家・コンサルタント・社長が出版して本業を加速させるには

経営者・起業家が自分のビジネスに関連した本を出版すると、いろいろな効果があります。 顧問料、講演料などのギャランティが倍増 その分野での第一人者となる 営業しなくても勝手に顧客が集まってくる 会社信用 …

出版した本を会社や事務所の本業を加速させるには

本を出版したら、必ず、バックエンド商品を売るためにもリストを集めるしかけを仕込んでください。 これをしないと、ただ出版しただけになってしまい、結果的にするのとしないのとでは雲泥の差が生じます。 &nb …